よもぎ蒸しを自宅でやるデメリット!においや危険性が気になる?

よもぎ蒸しを自宅でやるデメリット!においや危険性が気になる?
悩んでる人

よもぎ蒸しを自宅でやってみたいと思うのですが、デメリットや危険性はあるのでしょうか?

こんな悩みを解決します!

この記事の内容
  • よもぎ蒸しを自宅でやるのデメリット
  • よもぎ蒸しを自宅でやるのメリット
この記事の監修者
  • 現役WEBマーケター
  • リサーチのプロ
  • ライティングが得意
知っとこ。

よもぎ蒸しは道具さえ揃えれば、家でもやることができます。ただやるにあったて、何かデメリットがあるのではないかと気になりますね。

そこで、よもぎ蒸しを自宅でやるデメリットを調査しました。デメリットと併せてメリットも紹介していくので、よもぎ蒸しを自宅でやってみたい方は、参考にしてみてくださいね!

目次

よもぎ蒸しを自宅でやるデメリット

悩んでる人

よもぎ蒸しを自宅でやるデメリットを教えてください。

よもぎ蒸しを自宅でやるデメリットは

よもぎ蒸しを自宅でやるデメリット
  • 初期費用がかかる
  • 準備や片付けがめんどくさい
  • 道具の手入れが必要
  • 部屋に臭いがこもる
  • 水滴の対策が必要

それぞれ解説していきます。

初期費用がかかる

悩んでる人

よもぎ蒸し初期費用がけっこう掛かるのですか?

よもぎ蒸し自宅で始めるには、座椅子・コンロ・鍋・ガウン・よもぎの薬草などの道具を揃える必要があります。その費用はピンキリですが、だいたい3万円~十数万円です。

さらに、薬草を補充する必要があるので、初期費用も費用がかかるでしょう。

準備や片付けがめんどくさい

悩んでる人

よもぎ蒸しを自宅でやるのは大変なのですか?

よもぎ蒸しは、専用の器具を使用します。慣れないうちは、ちょっと難しいかもしれませんね。

道具を正しく組み立てることから、よもぎを蒸すまで、多くの工程あり最初は大変です。さらに、洗浄や分解にも時間がかかります。

道具の手入れが必要

悩んでる人

よもぎ蒸しの道具は手入れが難しいのですか?

よもぎ蒸しの道具を長く使うためには、手入れや保管をきちんとする必要があります。使用後は完全に乾燥させ、すべての道具を清潔に保ちましょう。

これを怠ると、カビってしまったり素材によっては錆びたりと面倒なことになります。

部屋に臭いがこもる

悩んでる人

よもぎ蒸しの匂いはけっこうきついですか?

よもぎ蒸しには独特の臭いがあり、それが気になる方もいらっしゃるでしょう。蒸しているときは、だいたい部屋に香りが充満するので、臭いが苦手な人は同じ部屋にいると気になる可能性があります!

使用するよもぎの種類によっては、臭いが強くカーテンや壁に残ってしまう可能性があるので注意しましょう。

水滴の対策が必要

悩んでる人

よもぎ蒸しは水滴対策が必要なのですか?

よもぎ蒸しをする際、水滴が垂れてしまう可能性があります。これを防ぐには、蒸し器の周りにタオルを置く、防水シートを敷くなどの対策が必要です。

よもぎ蒸しを自宅でやるメリット

悩んでる人

よもぎ蒸しを自宅でやるのメリットを教えてください。

デメリットがある一方で、自宅でよもぎ蒸しを行うメリットもあります。

よもぎ蒸しを自宅でやるメリット
  • サロンに通うより総合的に安い
  • 自分の好きなタイミングでできる
  • 自分専用の器具なので衛生面で安心
  • 人の目を気にしなくていい

それぞれ解説していきます。

サロンに通うより総合的に安い

悩んでる人

よもぎ蒸しはサロンに通うよりもトータルで安く済むのですね。

よもぎ蒸しを自宅やる大きなメリットは、サロンに通うよりも全体的にかなり安く済むことです。これは、一度だけ道具を揃えれば、よもぎ蒸しの材料を購入するだけで済むのが大きなポイントとなります。

自分の好きなタイミングでできる

悩んでる人

自宅ならいつでもよもぎ蒸しができますね。

よもぎ蒸しを自宅で行うことのメリットは、自分の好きな時間に行えることです。予約や時間帯を気にする必要がないので、自分の予定に合わせやすくなります。

サロンに行く時間がない、仕事や学校などで忙しい方には特におすすめです。

自分専用の器具なので衛生面で安心

悩んでる人

自分専用の器具なので衛生的ですね。

よもぎ蒸しを自宅で行う場合、自分専用の器具なので、衛生的な安全性が保てます。

他人の雑菌を気にする必要がないので、サロンに通うよりもずっと安全でリラックスして行うことができます。

人の目を気にしなくていい

悩んでる人

自宅ならたしかに人の目を気にする必要がありませんね。

よもぎ蒸しを自宅でやれば、プライベートな空間でリラクゼーションを楽しめるので、人の視線を気にする必要がなにのもメリット言えるでしょう。

まとめ「よもぎ蒸しを自宅でやるデメリットを解説しました!」

よもぎ蒸しを自宅でやるデメリットを調査しました。よもぎ蒸しを自宅でやるデメリットを振り返ってみましょう。

よもぎ蒸しを自宅でやるデメリット
  • 初期費用がかかる
  • 準備や片付けがめんどくさい
  • 道具の手入れが必要
  • 部屋に臭いがこもる
  • 水滴の対策が必要

上記のようなデメリットはあるものの、自宅で行うよもぎ蒸しは、全体的に安い、時間の融通が利く、衛生面が確保できるなどのメリットもあります。

よもぎ蒸しを自宅で行うか、サロンで行うかは、メリットとデメリットを比較検討した上で決めることが大切です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次