暗闇ボクシングのデメリット!エクササイズ効果は本当にあるの?

暗闇ボクシングのデメリット!エクササイズ効果は本当にあるの?
悩んでる人

暗闇ボクシングのデメリットが知りたいです。暗闇ならではの注意点などはあるのでしょうか。

こんな悩みを解決します!

この記事の内容
  • 暗闇ボクシングのデメリット
  • 暗闇ボクシングのメリット
この記事の監修者
  • 現役WEBマーケター
  • リサーチのプロ
  • ライティングが得意
知っとこ。

暗闇の中でノリノリな音楽と一緒にサンドバッグを叩く、暗闇ボクシング。なんとなく楽しそうなのは分かりますが、何かデメリットがあるのではないか?と気になりますよね。

そこで、暗闇ボクシングのデメリットについて調査しました!デメリットと併せて、メリットも紹介していくので参考にしてみてください。

目次

暗闇ボクシングのデメリット

悩んでる人

暗闇ボクシングのデメリットを教えてください。

暗闇ボクシングボクシングはその名の通り、暗闇の中でグルーヴィーな音楽を流しながらボクシングを行うものです。人気のあるエクササイズですが、挑戦する前に注意すべき欠点もあります。

暗闇ボクシングのデメリット
  • 正しいフォームは身に付かない
  • 実践ではまったく使えない
  • 暗いのでケガのリスクが高まる

それぞれ解説していきます。

正しいフォームは身に付かない

悩んでる人

暗闇ボクシングでは正しいフォームは身に付かないのですか?

暗闇ボクシングのデメリットは、正しいフォームやテクニックを身につけられないことです。通常のボクシングジムならインストラクターとの個人指導がありますが、暗闇ボクシングではそれがありません。

また普通ボクシングの練習は鏡でフォームを確認しながらやります。しかし暗闇ボクシングでは、自分のパンチやキックが正しいかどうかを知る術がないのです。

そのため、正しいフォームやテクニックを身につけることは難しいと考えられます。

実践ではまったく使えない

悩んでる人

暗闇ボクシングで強くなることはできないのですか?

暗闇ボクシングのもう一つのデメリットは、実戦で全く使えないということです。格闘技としてをボクシングを学び、腕に覚えのある格闘家になりたいと思っても、暗闇ボクシングでは個別指導ができないので、どうにもなりません。

護身用にボクシングを習いたいという人にとっては、暗闇ボクシングは不向きと考えられます。

暗いのでケガのリスクが高まる

悩んでる人

暗闇ボクシングはケガのリスクが高いのですか?

暗闇ボクシングでは、ケガをしやすいというデメリットがあります。暗闇ボクシングは視界が悪いので、自分がサンドバッグのどこを打っているのか、どこに足を踏み入れたのかがよく見えません。

そのため、思わぬ方向に力が入ってしまいケガをしてしまうなんてリスクも考えられます。

暗闇ボクシングのメリット

悩んでる人

暗闇ボクシングのメリットを教えてください。

デメリットを紹介していきましたが、もちろん暗闇ボクシングならではのメリットもあります。

暗闇ボクシングのメリット
  • 周りを気にせず運動できる
  • 遊び感覚で通えるので続けやすい

それぞれ解説していきます。

周りを気にせず運動できる

悩んでる人

暗闇ボクシングでは周りを気にせず運動できるのですか?

暗闇ボクシングはとても暗いので、周りの人がよく見えません。逆に言えば、周りの人からも自分もよく見えていないことになります。

汗を大量にかいていてもバレることはないでしょう。女性ならば、化粧崩れも気になりません。

そのため暗闇ボクシングでは暗闇の中、周りの目を気にすることなく、運動に集中することができます。

遊び感覚で通えるので続けやすい

悩んでる人

暗闇ボクシングは楽しく続けられるのですか?

暗闇ボクシングのもう一つのメリットは、楽しいと感じるからこそ続けられるということです。音楽と暗闇の中で行うため、独特の雰囲気があり、楽しみながら運動することができます。

ジムに通うというよりは、音楽とダンスを楽しむクラブ感覚で通っている人もいるようです。

まとめ「暗闇ボクシングのデメリットを解説しました」

暗闇ボクシングは独特の楽しさがあり、続けやすい点が魅力的ですが、以下のようなデメリットがありました。

暗闇ボクシングのデメリット
  • 正しいフォームは身に付かない
  • 実践ではまったく使えない
  • 暗いのでケガのリスクが高まる

暗闇ボクシングは、格闘技というよりは、エクササイズと割り切って通うほうが適しているようですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次