子育て支援員のデメリット!仕事はない?実際給料は低いの?

子育て支援員のデメリット!仕事はない?実際給料は低いの?
悩んでる人

子育て支援員になりたいと考えているのですが、何かデメリットがないか気になります。

こんな悩みを解決します!

この記事の内容
  • 子育て支援員のデメリット
  • 子育て支援員のメリット
この記事の監修者
  • 現役WEBマーケター
  • リサーチのプロ
  • ライティングが得意
知っとこ。

保育園や幼稚園で、サポート業務を行う子育て支援員。こどもたちに囲まれた環境で働け、保育士や幼稚園よりも就職難易度が低く、保育関係の仕事をしてみたいと考えている方には魅力的な職業に思えるかもしれません。

ただ、あまり聞いたことがない職業なので、何かデメリットがあるのかな?と疑問に思う方もいるではないでしょうか。

そこで、子育て支援員のデメリットについて調査しました!デメリットと併せて、子育て支援員として働くメリットも紹介していくので、子育て支援員を目指そうと考えている方は参考にしてみてください。

目次

子育て支援員のデメリット

悩んでる人

子育て支援員のデメリットを教えてください。

子育て支援員のデメリットは、以下のようなのものがあります。

子育て支援員のデメリット
  • 正社員採用が少なく収入が安定しづらい
  • 保育士の補助的な仕事が多い
  • 福利厚生が手厚くない
  • シフト制のため働く時間がバラバラ
  • 園内での発言権が弱い
  • サポートする保育士と相性が悪いとストレスが溜まる

それぞれ解説していきます。

正社員採用が少なく収入が安定しづらい

悩んでる人

子育て支援員は正社員採用が少ないのですか?

子育て支援員は正社員ではなく、パートタイマーとして採用されることが多く、収入が安定しにくいという点で非常に不利になります。

支援員は時給制であるため、勤務時間数によって得られる金額が変わるため、将来の資金計画が立てにくいのです。さらに、保育需要が少ない地域にある保育園の場合、安定した就職が難しいこともあります。

保育士の補助的な仕事が多い

悩んでる人

子育て支援員はサポート業務が多いのですね。

子どものおやつを用意したり、子どもの活動を準備したり、掃除をしたりと、保育士をサポートする役割はたくさんあります。一般的に、これらはキャリアとまではいかないものの、やりがいにつながる仕事といえるかもしれません。

しかし、保育園や幼稚園のニーズに合わせた業務内容であるため、長期的なキャリアを積むことは難しい。さらに、学歴や資格が必ずしも昇進につながるとは限りません。

福利厚生が手厚くない

悩んでる人

子育て支援員は福利厚生が手厚くないのですね。

子育て支援員として働くデメリットの1つは、一般的に福利厚生が手厚くないということです。給料が安いだけでなく、退職金や健康保険などの福利厚生が充実していない子育て支援員も少なくありません。

シフト制のため働く時間がバラバラ

悩んでる人

子育て支援員はシフト制で働くのですね。

子育て支援員はシフト制で働くことが多いため、自分の用事や行事を前もって計画することが難しい場合があります。土日が休みの週もあれば、勤務する週もあるからです。

さらに、勤務時間は日によって、また週によって異なる場合があります。このため、自分のスケジュールを立てるのは難しいのです。

園内での発言権が弱い

悩んでる人

子育て支援員の意見は通りにくいのですね。

子育て支援員はパートタイムとされているため、職場の権利が少ないことが多いです。

つまり、子育て支援員は職場内で発言権を持たないことが多く、意思決定プロセスに関与できない可能性があり、前向きな変化を促進することが困難です。

サポートする保育士と相性が悪いとストレスが溜まる

悩んでる人

担当の保育士との人間関係はめんどくさそうですね。

他の保育士と密に仕事をしていても、一部の保育士と意見が合わなかったり、問題があったりすると大変なことになります。

保育所によっては、明確なガイドラインがないため、意見の相違がすぐにストレスになることもあるでしょう。

子育て支援員のメリット

悩んでる人

子育て支援員のメリットを教えてください。

子育て支援員のメリットは

子育て支援員のメリット
  • 保育士や幼稚園教諭よりも就職難易度が低い
  • 正社員を目指せる場合もある
  • 担任を持たないためプレッシャーが少ない
  • 保育のスキルが身に付く

それぞれ解説していきます。

保育士や幼稚園教諭よりも就職難易度が低い

悩んでる人

子育て支援員はなりやすいのですね。

保育士や幼稚園教諭に比べると、就職難易度が低いのが、子育て支援員のメリットと言えます。

資格は必要ですが、幼稚園教諭や保育士ほど厳しい試験を受ける必要はありませんし、合格する必要もありません。そのため、就職がしやすく、これから保育の仕事を探そうとする人にとっても安心です。

正社員を目指せる場合もある

悩んでる人

子育て支援員から正規の保育士になれる可能性もあるのですね。

子育て支援員は一定期間同じ園に勤めれば、人手不足タイミングなどで正社員を目指せる可能性があります。そうすると、保育園や幼稚園のメインスタッフになることも可能で、働く環境もより魅力的になるかもしれません。

担任を持たないためプレッシャーが少ない

悩んでる人

子育て支援員はクラスを担任しないのですね。

また、子育て支援員の仕事は、保育士と比較して、責任が軽く、通常は担任という立場になる必要がありません。子どもたちの安全と健康を守るために、それなりの責任と感性が求められる仕事ではありますが、クラス担任のようなプレッシャーはありません。

保育のスキルが身に付く

悩んでる人

子育て支援員として働けば保育のスキルが身に付きそうです。

子育て支援員として働くことで得られるスキルは、保育士としてステップアップを目指す人にとっても有益なものです。

毎日同じ環境で働くことで、子どもたちや他のスタッフとの関わりを実体験しながら、対人スキルを身につけることができます。このように、将来的に役立つスキルや知識を身につけることができるでしょう。

まとめ「子育て支援員のデメリットについて解説しました!」

子育て支援員のデメリットについて解説しました!子育て支援員のデメリットを振り返ってみましょう。

子育て支援員のデメリット
  • 正社員採用が少なく収入が安定しづらい
  • 保育士の補助的な仕事が多い
  • 福利厚生が手厚くない
  • シフト制のため働く時間がバラバラ
  • 園内での発言権が弱い
  • サポートする保育士と相性が悪いとストレスが溜まる

上記のようなデメリットはあるものの、子育て支援員は保育所や幼稚園のスタッフとして活躍するために最適な職業です。

担任をもつ保育士や幼稚園教諭よりもプレッシャーが少なく、貴重なスキルを身につけられる可能性があります。このような点を考慮すると、保育分野で昇進を考えている人は検討する価値があると言えるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次