オイルカラーのデメリット!イノアカラーは痛む?色落ちしやすいの?

オイルカラーのデメリット!イノアカラーは痛む?色落ちしやすいの?
悩んでる人

オイルカラーは髪へのダメージが少ないと聞いたのですが、何かデメリットがないか知りたいです。

こんな悩みを解決します!

この記事の内容
  • オイルカラーのデメリット
  • オイルカラーのメリット
この記事の監修者
  • 現役WEBマーケター
  • リサーチのプロ
  • ライティングが得意
知っとこ。

従来の染料よりも髪や頭皮へのダメージが少ないと言われるオイルカラー(イノアカラー)。

髪を染めるたびに、髪へのダメージに悩まされていた人からすれば、魔法のような染め方に思えますが、何かデメリットがないか気になりますよね。

そこで、オイルカラーのデメリットについて調査しました。デメリットと併せてメリットも解説していくので、オイルカラーを試してみたいという方は参考にしてみてください!

目次

オイルカラーのデメリット

悩んでる人

オイルカラーのデメリットを教えてください。

オイルカラーのデメリットは、以下のようなのものがあります。

オイルカラーのデメリット
  • 彩度が高めの色には不向き
  • 白髪染めも苦手
  • 再現できない色がある
  • 価格が高い(3000円くらい)
  • 施術に時間がかかる

それぞれ解説していきます。

彩度が高めの色には不向き

悩んでる人

オイルカラーは彩度が高い色に染められないのですか?

オイルカラーの最も大きなデメリットは、色の彩度が高い髪を染めるのに適していないことです。つまり、髪の色を大きく変えたい場合は、オイルカラーは不向きかもしれません!

なぜなら、オイルカラーは思い切った色の変化ではなく、艶やかな仕上がりを作ることに重点を置いているからです。

白髪染めも苦手

悩んでる人

オイルカラーは白髪が染めにくいのですか?

オイルカラーのもうひとつのデメリットは、白髪染めには向いていないことです。これは、オイルカラーが彩度の高い色を出しづらいの同じ理由です。

再現できない色がある

悩んでる人

オイルカラーでは再現できない色があるのですか?

前述したように、オイルカラーは彩度の高い色には不向きなので、彩度の高い色を再現するのは難しいです!また、色によっては染料を組み合わせて使用する必要があり、その場合は美容師の技量に結果が左右されるでしょう。

価格が高い(+3000円くらい)

悩んでる人

オイルカラーは高いのですか?

オイルカラーのもう一つのデメリットは、価格の高さです。従来の染料よりも高価で、だいたい+3,000円以上かかります。どのヘアカラーにするか決める際には、費用を考慮することが大切です。

施術に時間がかかる

悩んでる人

オイルカラーは時間がかかるのですか?

オイルカラーは通常のカラーよりも15分ほど多めに放置しなくてはいけないので、施術に若干時間がかかるデメリットもあります。

オイルカラーのメリット

悩んでる人

オイルカラーのメリットを教えてください。

オイルカラーには、さまざまなメリットもあります。

オイルカラーのメリット
  • 髪や頭皮へのダメージが少ない
  • アンモニア不使用なのでツンとした臭いがしない
  • オイルグロス発色で髪にツヤがでる
  • 色持ちが良い

それぞれ解説していきます。

髪や頭皮へのダメージが少ない

悩んでる人

オイルカラーは髪へのダメージが少ないのですね!

オイルカラーはオイルの浸透圧を利用してキューティクル開かずに髪を染めます。そのため、刺激の強い化学物質でキューティクルを開きカラーリングする、従来の染料に比べて頭皮や髪へのダメージがはるかに少なくなっています。

アンモニア不使用なのでツンとした臭いがしない

悩んでる人

オイルカラー鼻にツンとくる臭いがしないのですか?

オイルカラーにはアンモニアが含まれていないため、カラーリング中やカラーリング後の刺激臭がありません。

オイルグロス発色で髪にツヤがでる

悩んでる人

オイルカラーは髪にツヤがでるのですね。

オイルカラーで染めた色味は、髪にツヤのある印象を与える効果もあります。オイルカラーによるツヤのある仕上がりは、髪を健康的に明るく見せる効果があるでしょう。

色持ちが良い

悩んでる人

オイルカラーは落ちにくいのですか?

個人差はありますが、オイルカラーは色持ちが良い傾向があります。オイルカラーを使用している人は、他の染料を使用した場合よりも、髪色を長く保つことができると感じていることが多いようです。

まとめ「オイルカラーのデメリットについて解説しました!」

オイルカラーのデメリットについてまとめました!オイルカラーのデメリットを振り返ってみましょう。

オイルカラーのデメリット
  • 彩度が高めの色には不向き
  • 白髪染めも苦手
  • 再現できない色がある
  • 価格が高い(3000円くらい)
  • 施術に時間がかかる

上記のようなデメリットはあるものの、オイルカラーは従来の染料に比べて多くのメリットもあります。

髪や頭皮へのダメージが少なく、刺激的な化学臭がないため、より快適にカラーリングができるでしょう。

さらに、髪にツヤのある印象を与え、色の鮮やかさを長持ちさせる効果もあります。オイルカラーは、髪に優しい染め方をお探しの方におすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次