保育士として働くデメリット!やめとけって言われる理由とは

保育士として働くデメリット!やめとけって言われる理由とは
悩んでる人

保育士になりたいと考えいるのですが、保育士として働く上で知っておくべきデメリットはありますか?

こんな悩みを解決します!

この記事の内容
  • 保育士のデメリット
  • 保育士のメリット
この記事の監修者
  • 現役WEBマーケター
  • リサーチのプロ
  • ライティングが得意
知っとこ。

こどもが大好きなら1度は夢見るであろう保育士。毎日かわいいこどもたちに囲まれて働けるなんて楽しそう!なんて思う方も多いのではないでしょうか。

しかし保育士は大変とも聞くので、保育士として働く上で知っておくべきデメリットがないか気になりますよね。

そこで、保育士のデメリットについて調査しました。デメリットと併せて、保育士の仕事の魅力やメリットも紹介していくので参考にしてみてください!

目次

保育士のデメリット

悩んでる人

保育士のデメリットを教えてください。

保育士のデメリットは、以下のようなのものがあります。

保育士のデメリット
  • 給料が低い
  • 長時間勤務
  • 土日に出勤が必要な場合もある
  • 事務作業の時間が取りづらい
  • 職場や保護者との関係性がめんどくさい
  • 命を預かるプレッシャーがきつい

それぞれ解説していきます。

給料が低い

悩んでる人

保育士は給料が低いのですか?

保育士として働く最大のデメリットは、給料が安いということです。保育士の給料は、一般的な会社員の平均かそれ以下の場合がほとんどです。

こどもの命を預かるという、仕事に伴う責任の大きさを考えると、給料は低いと言えるでしょう。

長時間勤務

悩んでる人

保育士は労働時間が長いのですか?

保育士のデメリットとして、労働時間の長さも挙げられます。保育士の仕事は、注意力と責任感が必要です。万が一の場合に備えて、いつでも対応できるようにしておく必要があります。

そのため、通常の8時間勤務よりも勤務時間を延長する場合もあるでしょう。これはとても疲れることであり、プライベートの時間を奪うことにもなりかねません。

土日に出勤が必要な場合もある

悩んでる人

保育士は週末に仕事することもあるのですか?

保育士の場合、休日保育もあるので土日も出勤しなければならない場合があります。スケジュールの都合上、土日出勤をお願いされることもあるでしょう。

週末は家族や友人と過ごしたいという人もいるでしょうから、これはつらいことかもしれませんね。

事務作業の時間が取りづらい

悩んでる人

保育士は事務作業する時間があまりないのですか?

もう一つのデメリットは、事務作業の時間を確保することが非常に難しいということです。保育士は、常に子どもたちと向き合う必要があります。そのためメールに返信したり、事務処理をしたりする時間はないかもしれません。

職場や保護者との関係性がめんどくさい

悩んでる人

保育士は人間関係がめんどくさいのですか?

保育士である以上、保護者と密接に関わり、仲良くやっていかなければなりません。保護者の気分を害したり、不快にさせたりしないように気をつけなければならないので、かなり気を遣います。

また、働いている職場との関係も良好に保つ必要があります。これができないと、とても働きづらい環境に身を置いてしまうことになるでしょう。

命を預かるプレッシャーがきつい

悩んでる人

保育士は責任感が強くないとやっていけないのですね。

保育士の多くは、子どもの安全や健康を守る役割を担っているため、大きな責任が求められます。このような責任感から、保育士はしばしばストレスの感情を抱き、それを管理するのが難しいかもしれません。

保育士のメリット

悩んでる人

保育士のメリットを教えてください。

責任というプレッシャーがある一方で、保育士には大きなメリットもたくさんあります。

保育士のメリット
  • こどもたちの成長を1番間近で見ていられる
  • 育児のスキルが身につく
  • 育休が取りやすい
  • 国家資格職のため職業として安定している
  • 世間からの評判が高い

それぞれ解説していきます。

こどもたちの成長を1番間近で見ていられる

悩んでる人

こどもたちの成長を間近で見られるのはとてもやりがいがありそうです!

保育士のメリットとして最もわかりやすいのは、子どもの人生に関わることができることです!個別対応が求められることが多い仕事ですが、こども達の成長を見守ることができるのはとても魅力的でしょう。

育児のスキルが身につく

悩んでる人

保育士は育児のスキルも身に付きそうですね。

保育士として働くことで、育児のスキルも身につけることができます。自分にこどもができた時、非常に役立つでしょう。

育休が取りやすい

悩んでる人

保育士は育休が取りやすいのですか?

保育士の方は、育児に理解がある方が多い傾向があります。そのため保育士として働けば、他の仕事に比べて育休を取りやすいメリットがあるでしょう。

国家資格職のため職業として安定している

悩んでる人

保育士は安定して働けるのですね。

保育士は国家資格のため、仕事がなくなる可能性が低く、安定した職業であるとも言えます。そのため、安定した仕事を探している方にとっては、長期的な選択肢になり得ます。

世間からの評判が高い

悩んでる人

保育士は世間から評判が高いのですか?

最後に、保育士に対する世間からの評価の高さがあります。保育士は、子どもの面倒を見る職業、使命感にあふれた職業というイメージがあり、世間からの人気も高いです。

まとめ「保育士のデメリットについて解説しました!」

保育士として働くデメリット!やめとけって言われる理由とは

保育士のデメリットについて調査しました。保育士のデメリットを振り返ってみましょう。

保育士のデメリット
  • 給料が低い
  • 長時間勤務
  • 土日に出勤が必要な場合もある
  • 事務作業の時間が取りづらい
  • 職場や保護者との関係性がめんどくさい
  • 命を預かるプレッシャーがきつい

保育士として働くことはデメリットもありますが、メリットも多くあります。

子どもの成長を常に見守ることができ、育休が取りやすい。また、保育士に対する世間の好感度や、国家資格制度による安定性もあり、魅力的な職業であることは間違いないでしょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次