合格前予約のデメリット!キャンセル料はかかったりするの?

合格前予約のデメリット!キャンセル料はかかったりするの?
悩んでる人

合格前予約で部屋を確保しようと考えているのですが、何かデメリットはあるのでしょうか?

こんな悩みを解決します!

この記事の内容
  • 合格前予約のデメリット
  • 合格前予約のメリット
この記事の監修者
  • 現役WEBマーケター
  • リサーチのプロ
  • ライティングが得意
知っとこ。

受験に合格したら即住居を確保でき、もし落ちてしまったらキャンセルになる合格前予約。

進学に合わせて1人暮らしを始める学生にはとても便利な制度に見えますが、何かデメリットがないか気になりますよね。

そこで、合格前予約のデメリットを調査しました。デメリットと併せて、メリットも紹介していくので、合格前予約を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください!

目次

合格前予約のデメリット

悩んでる人

合格前予約のデメリットを教えてください。

合格前予約のデメリットは、以下のようなのものがあります。

合格前予約のデメリット
  • 合格後のキャンセルはお金がかかる
  • ほかに良い物件が見つかっても気軽にキャンセルできない
  • 選べる物件が少ない
  • 基本的に内見ができない
  • 預かり金を用意しなくてはいけない
  • 合格前に物件を探すので受験勉強時間が減る

それぞれ解説していきます。

合格後のキャンセルはお金がかかる

悩んでる人

合格後はキャンセル料がかかるのですか?

合格前予約の最大のデメリットは、合格後にキャンセルする場合、キャンセル手数料を支払わなければならないことです。このキャンセル料は、不動産によって金額異なり、高額な可能性もあります。

そのため、合格前予約をする人は、キャンセル料が発生する可能性も含めて検討することが大切です。

ほかに良い物件が見つかっても気軽にキャンセルできない

悩んでる人

確かにキャンセル料がかかるので気軽にキャンセルできないのはデメリットですね。

合格前予約が確定後でも、他に良い物件が見つかった場合、予約をキャンセルして新たに予約を取りたいと思うかもしれません。

しかし、合格後に予約をキャンセルするためにはキャンセル料が必要になるため、より良い物件に気軽に変更できないのはデメリットと言えるでしょう。

選べる物件が少ない

悩んでる人

合格前予約は選べる物件が少ないのですか?

すべての物件が合格前予約に対応しているわけではないので、物件を探している学生にとっては選択肢が限られます。そのため、気に入った物件が見つからなかったり、合格前予約が自分の希望にぴったり合わないこともあるでしょう。

基本的に内見ができない

悩んでる人

合格前予約は下見ができないのですか?

合格前予約は、基本的に物件の内覧ができないデメリットもあります。これは先住者がまだ家に住んでいるためです。

そのため広さや間取り、設備などをしっかりと把握するのが大変で、どの物件を選ぶかの判断が難しくなります。

預かり金を用意しなくてはいけない

悩んでる人

合格前予約は予約時にお金を払わなくてはいけないのですか?

物件確保のために手付金を支払う必要があるのも、合格前予約のデメリットです。学生が予算を用意しなくてはいけない場合や、予算が限られている人にとっては大きな負担となります。

合格前に物件を探すので受験勉強時間が減る

悩んでる人

たしかに受験前に物件を探すのは大変そうですね。

合格前予約の最後のデメリットは、入試の準備時間が少なくなってしまうことです。これは、受験勉強だけに集中するのではなく、物件探しに時間を取られてしまうからです!

物件探しと勉強を両立した結果、満足のいく結果が得られなかった・・・なんて可能性もあります。

合格前予約のメリット

悩んでる人

合格前予約のメリットを教えてください。

デメリットはあるものの、合格前予約には以下のようなメリットがあります。

合格前予約のメリット
  • 気に入った部屋を確保できて安心
  • 合格発表後に部屋探しをしなくていい
  • 不動産繁忙期での混雑を避けられる
  • 入学手続きや引っ越し準備に専念できる

それぞれ解説していきます。

気に入った部屋を確保できて安心

悩んでる人

合格前から良い物件を抑えれていれば安心できますね。

合格前予約のメリットは、「気に入った部屋がすでにある」という安心感を得られることです。特に初めて一人暮らしをする人は、部屋探しがストレスになることが多いので助かります。

合格発表後に部屋探しをしなくていい

悩んでる人

合格後に部屋探ししないでいいのは楽そうですね。

合格発表後の部屋探しの心配がないことも、合格前予約のメリットです。合格前予約をしておけば、合格発表を待つだけで、すでに決めておいた部屋に入居することができます。

不動産繁忙期での混雑を避けられる

悩んでる人

合格後は不動産も混み合いそうですもんね。

合格前予約をしておけば、不動産繁忙期に発生しがちな混雑を回避することもできます!

混雑する前に予約しておけば、より早く理想の住まいを手に入れることができるでしょう。

入学手続きや引っ越し準備に専念できる

悩んでる人

合格後も準備が大変ですもんね。

最後に、入学手続きや入居準備に集中できることも、合格前予約のメリットです。合格前予約があれば、物件探しの心配をする必要がないので、それ以外の準備に集中することができます。

特に、初めての一人暮らしの場合、一度にすべてをこなすのは大変なことなので、合格前予約はとても便利です。

まとめ「合格前予約のデメリットについて解説しました!」

合格前予約のデメリットについて調査しました。合格前予約のデメリットを振り返ってみましょう。

合格前予約のデメリット
  • 合格後のキャンセルはお金がかかる
  • ほかに良い物件が見つかっても気軽にキャンセルできない
  • 選べる物件が少ない
  • 基本的に内見ができない
  • 預かり金を用意しなくてはいけない
  • 合格前に物件を探すので受験勉強時間が減る

上記のようなデメリットがあるものの、合格前予約には、より簡単に、より早く住まいを見つけることができるメリットがあります。

合格前予約で物件を確保しておけば、すでに気に入った部屋があるという安心感、合格発表後の部屋探しの必要なし、不動産繁忙期の混雑を避けられる、そして入学前の準備や思い出作りに集中できるでしょう。

デメリットを理解しつつ、合格前予約を利用し、理想の物件を見つけられたら最高ですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次