木造賃貸のデメリット!やめとけと言われる理由はうるさいから?

木造賃貸のデメリット!やめとけと言われる理由はうるさいから?
悩んでる人

木造賃貸に住もうか悩んでいるのですが、何かデメリットがないか気になります。

こんな悩みを解決します!

この記事の内容
  • 木造賃貸のデメリット
  • 木造賃貸のメリット
この記事の監修者
  • 現役WEBマーケター
  • リサーチのプロ
  • メディア編集長
知っとこ。

賃貸マンションを検討する際、木造賃貸は家賃が安く、魅力的な選択肢のように思えるかもしれません。

しかし、安い分何かデメリットがないか気になりますよね。そこで、木造賃貸のデメリットについて調査しました!

デメリットと併せて、木造賃貸のメリットも紹介するので参考にしてみてください。

目次

木造賃貸のデメリット

悩んでる人

木造賃貸のデメリットを教えてください。

木造賃貸のデメリットは、以下のようなのものがあります。

木造賃貸のデメリット
  • 防音性能が低いため、隣室からの騒音が気になることがある
  • 断熱性能が低いのでエアコンの効きが悪い
  • 耐震性のが低い場合がある

それぞれ解説していきます。

防音性能が低いため、隣室からの騒音が気になることがある

悩んでる人

木造だと防音性が低いのですね。

木造賃貸住宅の大きなデメリットのひとつに、防音性能が低いということがあります。

つまり、隣人の部屋から聞こえてくる大きな会話や音楽などの、あらゆる音が聞こえてきてしまう可能性があります。

自宅に静けさを求める人には、ストレスに感じてしまうかもしれませんね。

断熱性能が低いのでエアコンの効きが悪い

悩んでる人

木造だとエアコンの効きが悪いのですか?

木造賃貸住宅のもう一つのデメリットは、断熱性能が低いため、エアコンの効率が悪いことが挙げられます。

つまり、エアコンをつけても、熱や冷気が長くとどまらないということです。

したがって、厳しい気候の中で一定の温度で過ごせる快適な住まいを求めるのであれば、木造賃貸は最適な選択肢とは言えないかもしれません。

耐震性のが低い場合がある

悩んでる人

木造だと耐震性が低いこともあるのですね。

最後に、木造賃貸住宅のデメリットとして、地震への対応に不向きな場合があることも挙げられます。

特に昭和56年6月の耐震基準の改正以前の物件は、現在の新耐震基準を満たしていないものもあるので注意が必要です。

木造賃貸のメリット

悩んでる人

木造賃貸のメリットを教えてください。

木造賃貸のメリットは、以下のようなものがあります。

木造賃貸のメリット
  • 家賃が比較的安い
  • 空間を広く使える
  • 通気性が良い
  • 調湿性能が高い

それぞれ解説していきます。

家賃が比較的安い

悩んでる人

木造賃貸は家賃が安くていいですよね。

木造アパートを借りる最大のメリットは、比較的安価な家賃であることです。

木造住宅は、鉄筋やコンクリートで作られた住宅に比べ、建築コストが非常に低いため、賃貸料が安くなります。

空間を広く使える

悩んでる人

木造は空間を広く使えるのですか?

木造の建物はその構造上、鉄骨と比べると柱が細くできています。そのため、室内の鍼や、壁の凹凸が少なく、空間を有効活用できます。

通気性が良い

悩んでる人

木造だと通気性が良いのですか?

風通しの良さも木造賃貸の大きなメリットです。通気性の高い木でできているため、空気がスムーズに、そして均一に家中に流れます。

そのため、特に夏場は涼しく快適に過ごすことができるでしょう。

調湿性能が高い

悩んでる人

木造は湿度をコントロールしてくれるのですか?

風通しが良くなることに加え、木造賃貸は湿度調整機能も高いです。これは、木材が効果的な吸湿剤であるため、空気中の余分な湿度を吸収し、乾燥すると放湿してくれるからです。

そのため、木造賃貸の空気環境も健康的に保たれます。

まとめ「木造賃貸のデメリットについて解説しました!」

木造賃貸のデメリットについてまとめました。木造賃貸のデメリットを振り返ってみましょう。

木造賃貸のデメリット
  • 防音性能が低いため、隣室からの騒音が気になることがある
  • 断熱性能が低いのでエアコンの効きが悪い
  • 耐震性のが低い場合がある

上記のようなデメリットはあるものの、木造賃貸は家賃が安く魅力的です。

木造賃貸のメリット
  • 家賃が比較的安い
  • 空間を広く使える
  • 通気性が良い
  • 調湿性能が高い

予算にかぎりがある人には、木造賃貸を検討してみてもいいかもしれませんね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次