カラー専門店のデメリット!安いから痛むってほんと?

カラー専門店のデメリット!安いから痛むってほんと?
悩んでる人

カラー専門店に行ってみようと思うのですが、何かデメリットはあるのでしょうか?

こんな悩みを解決します!

この記事の内容
  • カラー専門店のデメリット
  • カラー専門店のメリット
この記事の監修者
  • 現役WEBマーケター
  • リサーチのプロ
  • ライティングが得意
知っとこ。

美容室よりも施術の料金が安いカラー専門店。安すぎるので何かデメリットがあるのかな?と気になる方もいるのではないでしょうか。

そこで、カラー専門店で髪を染めるデメリットについて調査しました。デメリットと併せてメリットも解説するので、カラー専門店に通うのを検討している方は参考にしてみてください!

目次

カラー専門店のデメリット

悩んでる人

カラー専門店のデメリットを教えてください。

カラー専門店のデメリットは、以下のようなものがあります。

カラー専門店のデメリット
  • 安くて質の悪い薬剤を使用している場合がある
  • 美容院のように細かいオーダーができない
  • シャンプーや髪を乾かすのはセルフサービス
  • 高度なカラー技術を提供していない
  • アフターケアがない場合もある

それぞれ解説していきます。

安くて質の悪い薬剤を使用している場合がある

悩んでる人

カラー専門店は安い薬剤を使用している店もあるのですか?

カラー専門店の大きなデメリットは、使用する染料の品質が悪い場合があることです。

品質の悪い薬剤のデメリットは、仕上がりが鮮やかでなくなったり、染め上がりが短くなったり、頭皮に刺激を与える、髪へのダメージが多いなどが挙げられます。

美容院のように細かいオーダーができない

悩んでる人

カラー専門店は細かいオーダーができないのですか?

カラー専門店のもうひとつのデメリットは、細かいオーダーができない場合があります。カラー専門店では、ハイライトやオンブレなど具体的な要望は出せず、1色染めに限定しているところが多いようです。

そのため、「こういう風に染めたい」という希望がある場合、色味が予想と異なることがあります。

シャンプーや髪を乾かすのはセルフサービス

悩んでる人

カラー専門店ではシャンプーやドライヤーは自分でやらなくてはいけないのですか?

カラー専門店のもうひとつのデメリットは、美容室のようなサービスが受けられないことです。

美容室では、スタイリストがシャンプーやドライヤーをしてくれるため、染料がきちんと落ち、仕上がりもキレイになります。

カラー専門店では、自分でシャンプーやドライヤーをしなくてはいけないので、少しめんどくさいでしょう。

高度なカラー技術は提供していない

悩んでる人

カラー専門店では複雑なカラーは注文できないのですか?

ほとんどのカラー専門店では、バレイヤージュやオンブレなどの高度なカラーテクニックは扱っていません。そのため、より複雑な染め方をしたい方には、カラー専門店は向いていないかもしれません。

アフターケアがない場合もある

悩んでる人

カラー専門店は染める以外のサービスがないとこもあるのですか?

最後に、カラー専門店ではアフターケアが受けられない場合があります。サロンでは、スタイリストがカラーを維持し、髪を健康でベストな状態に保つためのアドバイスをしてくれるはずです。

カラー専門店では、メンテナンスやケアは自分でしなければならず、美容室と同じレベルのサポートが得られない可能性があります。

カラー専門店のメリット

悩んでる人

カラー専門店のメリットを教えてください。

カラー専門店のメリットは

カラー専門店のメリット
  • 料金が安い
  • 時間がかからない
  • 自分でやるより上手く染まる

それぞれ解説していきます。

料金が安い

悩んでる人

カラー専門店はやはり料金が安いのが魅力ですね!

カラー専門店の最大のメリットは、その料金の安さです。美容室よりもかなり安い料金設定の店舗が多いので、ヘアカラーにお金をかけたくない人におすすめです。

また、料金が安いということは、頻繁に施術を受けやすいということでもあり、綺麗な髪色を維持することができます。

時間がかからない

悩んでる人

カラー専門店は仕上がりが早いのですか?

カラー専門店のもう一つの大きなメリットは、美容室よりも時間がかからないということです。ひとつのサービスに特化しているため、美容室よりも短時間で効率的に施術を受けることができます。

これは、家事や仕事で忙しく時間が限られている方には、特におすすめできるでしょう。

自分でやるより上手く染まる

悩んでる人

カラー専門店は自分でやるよりもきれいに染められるのですか?

最後に、カラー専門店では、自分で染めるよりもきれいに染めることができる場合があります。

自分で髪を染めることに不慣れな場合、思い通りの仕上がりにならないこともあるでしょう。しかし、カラー専門店では、プロの知識と経験によって、適切かつ高品質に仕上げることができます。

まとめ「カラー専門店のデメリットを解説しました!」

カラー専門店のデメリット!安いから痛むってほんと?

カラー専門店を利用するデメリットを調査しました。カラー専門店のデメリットを振り返りましょう。

カラー専門店のデメリット
  • 安くて質の悪い薬剤を使用している場合がある
  • 美容院のように細かいオーダーができない
  • シャンプーや髪を乾かすのはセルフサービス
  • 高度なカラー技術を提供していない
  • アフターケアがない場合もある

カラー専門店にはデメリットもありますが、美容室や自分で髪を染めるよりもメリットがあるのも事実です。

通常、美容室で染めるよりも安く、早く、自分で染めるより良い染め上がりが期待できます。結論、お手頃な価格で効率よく髪を染めたいなら、カラー専門店は最適な選択肢かもしれませんね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次