今さら聞けないSEOとは?ブログ初心者にありがちな勘違いを現役Webマーケターが解説

今さら聞けないSEOとは?ブログ初心者にありがちな勘違いを現役Webマーケターが解説
悩んでる人

SEOってよく聞きますがどうゆう意味ですか?何をすればいいのか、分かりやすく教えてください。

この記事の内容
  • SEOとはなにか
  • よくあるSEOの勘違い
  • SEOで大切なこと

この記事を書いてる人

目次

SEOとは

SEOとはSearch Engine Optimizationの頭文字を取ったもので「検索エンジン最適化」という意味です。

Google、YahooやBingなどの検索エンジンにはクローラーという、サイトを評価するbotが巡回しています。

このbotにブログを高く評価してもらい、検索結果で上位表示してもらうための対策がSEOです。

SEOは大きく分けて、内部対策外部対策の2種類があります。

てん。

これだけ覚えればOKです。検索結果で上位表示するための施策がSEO。内部と外部、2種類の対策がある。

内部対策

悩んでる人

内部SEO対策ってなんですか?

まずSEOの内部対策についてですが、こちらはブログの中で行う対策のことです。

具体的には以下のようなものがあります。

キーワード選定

記事に含めるキーワードを選ぶことです。キーワードの検索ボリューム競合度を調べます。

記事タイトル設定

キーワード選定で選んだキーワード記事のタイトルに組み込むことです。Googleと読者にこの記事はこんな内容です!と伝える目的があります。

記事本文の構成

見出しを効果的に使って読者に分かりやすい記事構成を作ります。

キーワードを上手に使うのがポイントです。

画像の説明

クローラーは画像の意味が分からないので、altタグを設定して画像の説明を行います。

サイト構造の最適化

サイトの構造をユーザーにも、クローラーにも分かりやすいように作ります。

サイトスピードの高速化

サイトの読み込み速度が遅いと、Googleからの評価が下がるので、サイト速度の高速化を図ります。

てん。

まとめ、内部SEO対策はブログの中でやる!色んな種類がある。

外部対策

悩んでる人

外部SEO対策はどんなものですか?

外部SEO対策とは、主に被リンクをもらうための施策です。

かんたんに言うと、他のサイトに自分のブログリンクを貼ってもらうことを目指します。

被リンクが増えると、Googleから支持率の高いサイトと認められ、上位表示されやすくなります。

SEOのよくある勘違いや失敗

ここで、ブログ初心者がやりがちな間違ったSEOについてお話します。

キーワードをたくさん使えばいい

キーワードをいっぱい使えば上位表示されるんだよね。

これは古いSEOの考え方です。

たしかにキーワードを記事に詰め込めば上位表示されるという時代はありました。

しかし、現在は逆にキーワードを詰め込みすぎるとGoogleからスパム扱いされる場合があります。

不自然にキーワードを盛り込むことはやめましょう。

記事のタイトル文字数は決まっている

記事のタイトルは〇〇文字になるように調整してます。

記事タイトルの文字数は〇〇文字にするべき、という意見をたまに見ますが、この考え方は間違っています。

読者のことを考えてタイトルを決めたら自然と〇〇文字になる。

これが正しい考え方です。

ちなみに、ぼくがタイトルの文字数のベストは?と聞かれたら、40文字前後と答えます。

とにかく長い文章を書くべき

検索上位のページは長文が多いから、1記事2000字以上書くのは当たり前。

この考え方もタイトル文字数と同じ理由で、間違いです。

読者のために詳しく記事を書いたら長文になることが多い。

こうゆうことですね。

なので、文字数を意識して駄文を作るのはやめましょう。

見出しは順番に使うわなければいけない

h2の次は必ずh3にする。いきなり、h4は使っちゃだめ。

こんなルールはSEOに一切ありません。

h2の次にh4がきてもいいですし、h2を使う前にh3を使用しても大丈夫です。

極論、読者が読みやすい記事なら見出しなんて不要。

ですが当然、見出しがない記事は読みにくいので、見出しを使ってない記事は上位表示されない

というのが結論ですね。

記事をたくさん書きまくるのが大事

ブログで稼ぐのには100記事必要だから、まずは書きまくるべき。

たしかにブログは記事数がないと評価されませんが、価値の低い記事がたくさんあっても意味がありません。

長い目で見て、質の良い記事を量産していきましょう。

被リンクをたくさん集めればいい

とにかく被リンクを集めまくればいいよね。

被リンクを集めれば集めるほど、ブログの評価が上がるというわけではありません。

被リンクにも良い被リンクと、悪い被リンクがあります。

悪い被リンクを集めてしまうと、逆にブログの評価が下がります。

悪い被リンク例
  • 相互リンク
  • リンク買い
  • 自演リンク

良い記事を書いて、自然リンクを集められるように頑張りましょう。

SEOで大切なこと

SEOで大切なことは

読者ファーストを貫くこと。

読者のことを思って記事を書けば、自然とSEO対策が出来ているって話です。

ここでWebマーケティング業界で有名な言葉を紹介しておきます。

SEOのためにSEOをしてはいけない。

つまり、SEOを意識して記事を書くのは間違いなんです。

変にSEOの知識を身につけて、読者を置き去りにするブログ運営だけはしないように気をつけましょう。

まとめ「SEOは検索上位にあげるための対策のこと」

まとめ「SEOは検索上位にあげるための対策のこと」

SEOはブログの評価を高めて、検索で上位表示されるようにするための施策です。

調べれば様々なSEOの法則やルールのようなものが見つかります。

しかし、SEOを意識してブログを書くと、気が付かないうちに間違った対策を行なってしまうことがあります。

上記のことを参考に、読者ファーストのブログを作っていきましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる